社会福祉法人
トップへ戻る

お知らせ

概要

保育目標

年間行事

クラス選択

お問い合わせ


 朝晩は秋の訪れを感じるようになりました。秋は収穫のシーズンで、多くの食材が
美味しい季節です。
体を沢山動かして、休養を取り、食事をする。単純なことですが、体作りに大切なことです。
今月は、保育園での行事も多くなります。元気に過ごせるように美味しい秋を満喫し
ましょう!

  

 秋は収穫の季節で、たくさんの美味しいものがあります。旬のものは栄養価も高く、安価で美味しい最高の食材です。しっかり食べて元気な体作りをしていきましょう。

 1 旬の魚を食べて元気な体作りを!
    魚は良質のたんぱく質を含み体を作ります。特に体内では作られない脂肪酸の
     DHAやEPAを豊富に含んでいることが知られています。脳の神経細胞に
   は欠かせない大切な栄養素です。


 2 野菜をモリモリ穏やかな生活を!
     野菜は色々な種類がありますが、全般的には食物繊維が多いのでよく「噛む」
    ことにつながります。
         最近、早食いも心配です。あまり噛まずに飲み込んでいる子どももいます。

         「噛む」ことは
     @ 唾液が出て消化につながる。
     A 噛む行為が脳を刺激して神経細胞を活発化させる。情緒にも関係すると
      言われています。

     B 噛むことで満腹中枢を刺激し肥満を防ぐ。等いろいろな効果が期待でき
      ます。

       特にAの脳への効果は、神経細胞などを作る大切な乳幼児期に、適切なア
    プローチをすることが大切だと言われています。食べ物を飲み込む子どもに
    は、トレーニングが必要です。野菜を大きく切って食べるなど意識的に行っ
    てみるのもよいでしょう。

 3 旬の果物を食べて水分補給とビタミン・ミネラルの補給を!
     果物は季節を感じる食べ物です。梨や柿、りんごや早生みかんもこれから旬
   を迎えます。
     果物を食べる利点は
     @ 生で食べられるので、食物の持つ酵素も一緒に食すことができる。
     A 生で食べられるので、手軽にビタミン・ミネラルの補給ができる。
     B 朝食に加えるとエネルギーの補給にもなり食べる意欲にもつながる。
     デザートにお菓子よりも果物を取り入れてみませんか?