12月20日、ご近所のお子さんもお招きしてクリスマス会を行いました。
 今年はベル演奏・劇・ブラックパネルシアターが行われ、みんなで楽しみました。  

  
 ハンドベルで「おめでとうクリスマス」「ジングルベル」の曲を演奏しました。
きれいな音色に耳を傾けてくれました。 
   

 
 2人のサンタクロースのおはなしです。
トナカイと小人とのかけ合いがおもしろくて、子どもたちも笑って見ていました。
       
   
 みんな真剣に見ていました。  最後に「あわてんぼうのサンタクロース」の歌をみんなで歌いました。

  
 暗やみにきれいに輝くクリスマスツリー。森の動物たちのおはなしでした。  
     
きれいに輝くクリスマスツリーにクギづけ  

 
 クリスマス会の後の給食は、みんなで会食
クジびきで席を決め、キャンドルの灯るテーブルを囲んでおいしい料理に子どもたちも大喜びでした。 
   

 青梅保育園のクリスマス会は、こんなストーリーで行われています。
 12月初め、サンタクロースに手紙を出しました。すると、サンタクロースから手紙が園に届きました。
プレゼントを用意して、クリスマス会に来てくれるそうです。
 お昼寝から目覚めると、なんとプレゼントが・・・
子どもたちは大喜びでした。
サンタさんのために用意しておいた、お茶とクッキーもなくなっていて・・・食べて帰ってくれたようです。
     
サンタクロースは本当にいるの?
サンタクロースってどんな人だろう?
子ども達に沢山の夢を与えてくれたサンタクロースでした。