7月3日(金)4日(土)実施予定の夏祭りは、雨のため園児の健康と安全を考慮して中止になりました。夏祭りを「まだかな・・・まだかな」と昼間から心待ちにしていた子どもたちは、中止のお知らせに、どんなにがっかりした事でしょう。本当に申し訳ない思いでいっぱいです。通常ならば園庭で縁日、幼児組の盆踊り、職員のお囃子、年長組のおみこし、そして、フィナーレは花火を行い夏祭りを締めくくる予定でした。来年は晴れると良いなあ・・・。

 青梅保育園は夏祭りが中止になった場合、翌週月曜日年長児が主体となって夏祭りを進行します。
いつも頼もしい年長児がお揃いの法被を着て、夏祭りを盛り上げてくれます。お祭りごっこは大盛況です!さあ、縁日の始まりです!年長さん、よろしくね!  
  
夏祭りのオープニング!それは、遊戯室で行われた職員のお囃子です。
園長先生をはじめ保育士、体操の先生の息の合ったプロ並みのお囃子は子どもたちの心を惹きつけました。子どもたちも夢中ですが、あらあら・・・先生達もとても楽しそうでしょう!?
次第に子どもたちの体も太鼓と笛のリズムに乗ってきました。
  
     
 「くじ引き屋さんでーす!」「はい、赤ですね」「光る指輪が当たりました!」「どうぞー」  「お魚すくいです!いらっしゃい!いらっしゃい!」「赤い金魚が釣れましたね」「ビニールに入れますね。お待ちください」 「ヨーヨーすくいでーす」「何色が好きですか?」「釣竿をどうぞ!がんばってくださいね」
     
 「カードにチェックしますので、カードを出してください」「好きなくじを選んでくださいね」
 「ピンクの金魚が釣れた・・・これ、ほしかったんだ」「そっと、そっと・・・  「一番大きいヨーヨーを狙っちゃおー」そして、後ろに並んで興味深々のお友だちも「がんばれー」って応援してるよ!