天候に恵まれ、素晴らしい運動会になりました。 


 

     
 くまぐみ、うさぎぐみの入場に続き、こあらぐみ、りすぐみ、ひよこぐみの親子が入場です。
 くまぐみ・うさぎぐみの堂々とした行進はさすがです!!


     
     
 小さなクラスから順番に走るかけっこは、成長の段階がよくわかります。「来年はあんなふうにできるのかな?」と期待に胸が膨らみます。  


  〈サーキット〉赤ぐみ(3才児)
練習をはじめた頃は、転んで泣く子が多かったけれど、当日は、泣く子はなく、どの子もキラキラしていました。
また、跳び箱によじ登っていた子ども達は、ジャンプをして乗れるよう、がんばっていました。大好きな曲に後押しされ、のりのりで走った子ども達です。 
   〈パラバルーン〉黄ぐみ(4才児)
練習から喜んで参加していた子ども達。風船を作るのが難しく、なかなか上手にふくらまなかったけれど、本番は、みんなで力を合わせ一番上手にできました。
ピースの振り付けがとてもかわいい子ども達でした!!
   〈組体操〉青ぐみ(5才児)
6月頃から少しずつ練習し、積み重ねてきた組体操。初めはなかなか気持ちがまとまらず、うまくいかなかったけれど、,だんだんと相手を思いやる気持ちが芽生え、当時は気持ちをひとつに、一丸となって臨むことができました!!とってもかっこ良い感動的な組体操でした!!


   
〈オセロだGO!〉 
(3・4・5才クラス競技)
 〈玉入れ〉
(祖父母と5才児の競技)
 めくってもめくっても、めくり返され、根気が勝負の競技です。
 1回戦目はうさぎ組の勝利、2回戦目は、くま組がふんばり、引き分けでした。
おじいちゃん、おばあちゃんと一緒に行った玉入れは、とても楽しかったと青ぐみさん。おじいちゃん、おばあちゃんとはいえ、たくさん玉が入り、「まだまだ子ども達には負けられない」という気迫を感じました。 


     
 最後の競技は、トリプルリレー。
 4・5才の園児と保護者、担任と体操の先生も加わり、うさぎぐみ対くまぐみで対決です。なぜだか胸がわくわくし、応援にも力が入ります。
一進一退のレースに、手に汗せ握り、いよいよアンカー。大きく差をつけられてしまったくまぐみが、必死の追い上げを見せ、なんと引き分けでゴール。運動会最高の幕引きとなりました。